ドメインとサーバーについて知ればWordPressは怖くない!?

今日は、ドメインとサーバーのお話し。

WordPressをどうインストールすればいいかとネットを検索すれば、サーバーを用意するとか、ドメインを用意するとか、ITビギナーにはちんぷんかんぷんな話が普通に書いてあります。

でも、実際には、「サーバーって何?」、「ドメインって何?」と知らない人少なくありません。聞いたことはあるけど、よくわからんという状態の人が多くて私は当然だと思います。

だって、サーバーとドメインって、結構専門的なお話しですよ。

ということで、WordPressをインストールするのに、最初の難関であるサーバーとドメインをテーマに書いていきますね。

サーバーはインターネット上のおうち

WordPress(.org)をインストールするには、まず、サーバーとドメインを用意する必要があります。

サーバーは、「サーバーを借りる」と言いますが、ようは、インターネット上で業者のハードディスクをレンタルする、ということです。

たとえば、無料ブログでも同じこと。私たちは、無料でブログを利用していますが、ブログがおいてある場所は、アメブロならばアメーバーが用意している専用ハードディスクなのです。自分のパソコン内のハードディスクではありません。人様のものを借りているのです。

WordPressをインストールするには、このよそ様のハードディスクを、お金を払って借りる必要があるのです。

すると、インターネット上の自分専用の領域ができるのですね。で、これを一般的に「サーバーを借りる」と言っているのです。

ドメインはインターネット上の住所

サーバーをレンタルすると、そのまま利用することは可能ですが、自分専用の住所を特別に設定したい場合は、「ドメイン」を自分で取得する必要があります。

ドメインとは、Yahoo!が「http://yahoo.co.jp」、googleが「http://google.com」というように、それぞれの会社や団体などについているURLのことを言います。

もうちょっと詳しく言うと、サーバーにはアドレスがついているのですが、それが、数字の羅列なのですね。だから、どこのだれの物かが判別するのに大変なので、URLという形をとって、わかりやすくしているのです。

正しくは、「yahoo.co.jp」の部分ですね。(ちなみに、http://というのは、これからインターネットで共通の言語で情報をやりとりしますよというコンピューター同士の約束ごと)。

で、yahooの部分が第一ドメイン、co.jpが第2ドメインと読んでいます。

第1ドメイン(「yahoo」の部分)は自由につけることができます。

で、第2ドメインは、第1ドメインがどういう種類の会社なのか、団体なのかといったことを示すものです。で、これは、自由に設定できるものもあれば、特定の会社や団体にしか利用できないものがあります。

「co.jp」ならば、日本の株式会社のことです。これを取得するには、会社の登記簿が必要になります。だから誰でも取れるわけではありません。yahoo.co.jpならば、yahooは株式会社であるということがわかります。

「.com」は、世界で最も使用量が高い商業用のドメインです。これは、自由に使うことができます。

 

最近は、第2ドメインに、nagoya、tokyoといった地名を利用できるようになったり、業種を表す「kitchen」や「camera」、「gallary」や「team」、「cafe」といったものなど、幅広いものが選択できるようになっています。

ドメインを取得できるサイトへ行けば、簡単に取得できます。

ドメインとサーバーを連携させればあなたの領域が完了

こうしてレンタルしたサーバーとドメインを結びつけることで、あなた専用の領域をインターネット上に持つことができるというわけです。

そこにWordPressをインストールすれば、あなたの住所でWordPressを利用できるのです。

サーバーとドメインの会社

サーバーやドメインの取得は、下記のサイトで可能です。

サーバー:

■heteml(ヘテムル:http://heteml.jp/

ここは、私が10年来利用しているサーバーです。トラブルがなく安定しています。ムームードメイン(後述)でドメインを取得し、その流れでこのサーバーを契約すると初期設定料が無料になります。1年一括払いで月1,000円。3か月,6か月契約だと月1,500円です。が、ときどきキャンペーンもありますので、うまく活用しましょう。

■Xserver(http://www.xserver.ne.jp/)

使ったことはないのですが、評判は良い、と聞きます。月1,000円で利用できます。また、WordPressのパワーユーザーには喜ばれているようですよ。

ま、あとは、「さくらインターネット」「ロリポップ」などがありますが、これは好みですかね。私は、個人的に、さくらインターネットは管理画面がマニアックなので使いたくないサーバーです。ロリポップは安いことは安いのですが、以前、サーバーのセキュリティトラブルでWordPressの初期ページが書き換えられたというトラブルがありました。値段が安いところはリスクが高いと感じていますので避けています。

選ぶときは慎重になっていきましょう。でも、無料ブログアメブロの広告はずしに月1,000円かけるのならば、いっそレンタルサーバーを借りたほうがいいと思いますね。

ドメイン:

ドメインは、「ムームードメイン(http://muumuu-domain.com/)」や「お名前.com(http://www.onamae.com)」などがあります。
会社は探せばいろいろありますが、この2社が有名ですね。

ただ、ドメイン会社によっては、第2ドメインの扱いが違います。基本的にドメイン会社が扱っているドメインしか取得することはできません。

それぞれのサイトでは、自分で決めた第1ドメインを検索して、どんな第2ドメインが取得できるかを調べることができます。よく利用されている第1ドメインは、使える第2ドメインが限られてくるかもしれませんので、そのときは第1ドメインを変更して、再び検索してみましょう。

投稿者プロフィール

sobaco
sobaco文章で魅力表現コンサルタント
ITテクニカルライター、IT講師業などの経験と実績を活かし、2013年に電子書籍出版でんでんむし出版を設立。本の企画とコンテンツを作る部分を支援することを得意とし、本の執筆支援コンサルティングを行う。
2018年を迎える今の時代に求められるWeb戦略のターゲット戦略やコンテンツの絞り方などは、本の出版での考え方や見せ方がほとんど共通していることから、ビジネスユーザー向けに、本格的にWordPressを使った魅力発信を支援するために、教室体制を作った。特に、形のないビジネスを展開する人の情報発信におすすめ。文章であなたをデザインしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です