コンテンツサイトは自動営業してくれる

コンテンツサイトはあなたの専門性を際立たせる

私が、この「フリーランスのためのWordPress活用の手引」サイトを作った理由は、WordPressを使いたい人に、幅ひろくWordPress情報を知ってもらいたいからです。

私は、WordPressの構築講座をやっていますので、WordPress導入を考える人がこのサイトにたどりついて、一通り、なんとなくWordPressの概要がつかんで、そのまま講座に申し込んでくれたら、という作戦です(笑)

冗談はさておき、コンテンツサイトのすごいところは、「専門家」として見られるということです。それはもう、これだけで信用度はアップしますよね。

そして、WordPress構築講座をやってるとなれば、講師が背景に持っている専門性が目に見えていますから、講座を受けようと思ったら決断は早いかと思います。

これは、フリーランスで仕事をする人たちにとっては、目をつぶってはいけない部分ですね。

あなたのサービスを受けようかと考えた決定打はどこか?

私の周りでは、専門性の高い仕事をやっている人はたくさんいます。オリジナル性もあり、素直に「すごいな」と思います。残念なのは、その内容が、体験セミナに行ったり、本人から聞かないと、よくわからないこと。そう、「行動しないと情報が得られない」ところでしょうか。

このとき、相手と面識があって、「こんどセミナーあるから来て!」と言われれば、どんな内容なのかを簡単に確認して、行くか行かないかを判断します。

が、現実、そうそう人と会っていられるわけでもないし、ダイレクトに誘われても、やはりそのセミナーが自分にとって必要かどうか、あるいは、もっと吟味したいとなると、返事を濁すしかありません。

仮に私が出かければ、その人にとっては、「とりあえず受講生ゲット」となり、その場はしのげるでしょう。でも、私がリピーターになるかどうかはわかりません。

当然、それはセミナーの内容にもよりますが、私が相手から学び続けたいかどうかはまた別の話なのです。

ただ、全然気がないセミナーに出かけたとしても、その中で、自分にとって重要な何かのキーワードがあったら、気持ちは変わるかもしれません。

相手の心をくすぐる情報を与える

話が少しそれますが、以前、私は4か月で10kg近くのダイエットをしたことがあります。ダイエットカウンセラーをつけてのダイエットでした。

しかし、実は、ダイエットしようと思っていたわけでもないし、ダイエットカウンセラーの方を数年前から知っていて、お茶したりして交流しているにも関わらず、その人がやっているダイエット手法のことをよく知らなかったのです。というか、その方は、ダイエットカウンセラーをやっているとしか言っておらず、営業すらしなかったので、私にはそれが響いていなかったのです。

響いていなかったのは、自分の中に、彼女のダイエット方法が果たして良いのかどうかという判断をしようとしなかったからです。

そこには、次のような思いがありました。

  • ダイエットにかかるお金が高かったら無理だから、最初から聞かない。
  • 失敗したらヤダ
  • いろんなダイエットがあるからもうわからない
  • 年齢的に痩せることはもう無理なのかも?

というネガティブなことを考えていたし、年齢的に痩せるのは無理だろうな、と真剣に思っていたのでした。

でも、あるとき、その方が重要な一言を言いました。

「年をとって太るのはあたりまえ。代謝が嫌でも落ちているんだから、以前と同じ量たべていたら、普通に太っていくのは当然のこと。食べていないっていって、みんな食べてるの。だから太るの。それだけ」

私は、この言葉を聞いて、ハっとしました。

そうか、だから太るのか。

「以前と食べる量が変わっていない。体は以前よりも燃えない。だから太る」ということが妙に納得ができました。

当たり前のことだけど人は気づかない

でも、その方にとったら、「そんな当然の話はみんな知ってるでしょう」と思っていたのです。

いや、考えてみたら知っています。おっしゃるとおりです。

でも、だれもがダイエットの話に敏感かといったらそうでもないし、太っている人は、そういうことはわかっていても、聞く耳をもなかったり、気づかなかったりするものです。

なぜならば、食べなければ痩せるというのがわかっていても、それができていたら苦労ないから。みんな痩せたくても痩せられない事実をかかえていて、もうどうしようもできない、と思い込んでいるからこそ、余計にそういう事実を見ようとしないものなのです。

でも、そんな当たり前のことに妙に納得した私は、試しに、その方がやっているダイエット療法を1か月取り入れてみることにしました。

おもしろそうだったので、自主的にやってみたいと言い出したのです。

すると、すぐに効果が出たので、「こんなに楽なら続けられる」ということで、あれよあれよとスリムになっていけたのでした。

おかげで、リバウドなく今もキープできています。

変な話ですが、その方のダイエット法を取り入れて、自分でコントロールして、たいした指導をしてもらうことなく痩せることができました。

けれども、その方にとって、「当たり前の一言」が、私がダイエットを始めるきっかけになったとは思いもしなかったでしょう。

その後、その方がほかの人にダイエットを進めるときにお話していることを聞いていびっくりしたことがありました。

それは、栄養素の話。なぜ、体が太っていくのかという説明を、対面でことこまかくしているのですよね。

私にしたら、どうして私のときにはその話をしてくれなかったのか、と思ったほどでしたが、聞くと、勝手に痩せていったから説明する機会がなかったということ。

しかし、その話を聞いて、より、私は、彼女がやっているダイエットが理にかなっていることを確信しました。だから、自分もそれで結果が出ているので、人にも「良いよ」と勧められるのです。

結局、何が言いたいかというと、「こんなこと知っていて当然」なんて思っていることこそ、丁寧に伝えていかなければ、新しいお客様の心はつかめないということなのです。

そして、たとえばダイエット人口はたくさんいるのに、なぜライザップがあれほどにまでに人気なのかといったら、あれは圧倒的に情報量ですよね。芸能人を使って、結果を出して、痩せるんだということを目に焼き付けることができるからこそ、あそこの事業も成り立つです。

でも、それは宣伝費があるからできること。情報量が多いから認知されるということです。

だから、宣伝費も捻出できない私たちフリーランスや小さな会社は、こういったWordPressを使って、なるへくお金をかけずに情報を発信していくことが、ビジネスの上では欠かせなくなっているということです。

そして、何がキーになって、お客様の心をくすぶるかわかりませんから、その決定打となる情報がたくさんあるにこしたことはありません。

だからこそ、Webを活用するならば、コンテンツをたくさん記事としてアップしていくことは欠かせないのです。

もし、彼女がダイエットカウンセラーということを知った時、サイトを見て、私の心の琴線にふれるメッセージに出会えていたら、もっと決断は早かったでしょう。

コンテンツサイトで仕事が広がることもある

コンテンツサイトは、最初の構築が大変です。時間がかかるのと、記事を書く根気が必要です。でも、それを乗り越えれば、あとは、自動的に営業ツールとなり、お客様を連れてくるはず。

検索エンジンも、今は、ブログの記事を拾いますから、サイト全体が入り口になりますから、記事が多くなっていけばいくほど、入り口も広くなっていくということなのです。

対面で行う営業ももちろん必要です。

でも、WEB活用を視野に入れて、情報を出し惜しみしないで幅広く人々に伝えていくことは、今の世の中で受け入れられる集客方法の1つだといえますね。

それと同時に知っておいてほしいのは、このようにコンテンツサイトを置いて、専門性を出しておけば、実際の仕事とは違う方面から仕事の話だってある可能性が出てきます。

たとえば、コラムを書いてくれないか、であるとか、こういう講座をやってもらえないか、本を書いてみないか、なども、今はほとんどWeb経由ですから、新しい仕事開拓にもなるということですね。

私自身も、このコンテンツサイトが今後どのような形で発展していくのか見届けていきたいと思っています。

投稿者プロフィール

sobaco
sobaco文章で魅力表現コンサルタント
ITテクニカルライター、IT講師業などの経験と実績を活かし、2013年に電子書籍出版でんでんむし出版を設立。本の企画とコンテンツを作る部分を支援することを得意とし、本の執筆支援コンサルティングを行う。
2018年を迎える今の時代に求められるWeb戦略のターゲット戦略やコンテンツの絞り方などは、本の出版での考え方や見せ方がほとんど共通していることから、ビジネスユーザー向けに、本格的にWordPressを使った魅力発信を支援するために、教室体制を作った。特に、形のないビジネスを展開する人の情報発信におすすめ。文章であなたをデザインしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です