最近話題のオウンドメディアとは

最近、オウンドメディアという言葉をよく聞きませんか? OwndedMediaと英語で書くように、簡単にいうと、「自分所有のメディア」です。

 

このオウンドメディア、じゃあ、普通の会社の事業内容だけを書いたWebサイトや好きなことを書くブログと変わらないのでは?という疑問を持つかもしれませんね。が、違います。

オウンドメディアにはユーザーに役立つ、読んでもらえる記事を書く

オウンドメディアの考え方は、「ユーザーにとって役立つ情報を提供するサイト」です。ここで、ファンを作り、ファンが勝手に見込み客になってくれるようなメディアに育てていくのです。

この動きは,コンテンツマーケティングの普及によって、多くは企業の中で展開されています。

しかし、企業のみならず、個人でビジネスをしていく人にも、ネット活用としてははずせないですね。

おそらく、もう自然とオウンドメデイアになっているサイトもあるかもしれません。

もう少しかみ砕くと、仕事ブログなのに日記的なブログになってしまっているのを、テーマを設定して、読者の目線に合わせて、読者がほしい情報、読んでくれる情報に絞って書いていくのです。

このとき、あなただからこそできる仕事なんだよ、ということをアピールしていくイメージです。

オウンドメディアのつくり方

これからの時代は、ブログに、1日にたくさん記事をアップすることが求められるかといったらそうではありません。すでに、検索エンジンのGoogleも、記事に対して「量より質」を求める時代になっています。

そして、オウンドメディアは、計画的に作っていかれることをおすすめします。

1記事書けばブログで集客できるわけではありません。

オウンドメディアのコンテンツを幅広く知ってもらうためには、まず、30記事ぐらいを目標にして短期間で集中して作り始めるといいかもしれません。

影響力がでてくるのは100記事ぐらいからだと言われていますから、30記事書いたら、次は60、100というように、継続してアップしていくといいですね。

企業では、戦略的に展開されますから、最初に記事のタイトルリストをあげてから書くということもしているようです。

この方法を取り入れると、確かに書きやすいかもしれません。

最初にタイトルリストを作っておけば、軸がぶれずにすみます。書いていくうちに変化があってもよいでしょう。

テーマをきちんと設定し、視点は最初から最後までお客様を優先

個人のブログをオウンドメディアに仕上げていくために重要なのは、「テーマ設定」です。

あなたのメディアですが、あなたの書きたいことを書くのではなく、あなたが扱うテーマを決めて、そこに絞り込んだ記事を書いていくことに意識を向けてください。

考え方としては、書店で買う本や雑誌。本は、本のタイトルがあり、本の内容は、当然、タイトルにそったものになっているはず。雑誌も同様で、雑誌のタイトルが大きなテーマになり、中の記事はそれにそった物になっています。

もちろん、雑誌はバラエティな内容に溢れていますが、一貫しているのがターゲットですね。読者層がしっかりと設定してあります。ティーンズ向けの雑誌はティーンに向けた内容に仕上げてありますから、大人が読んでも、あきらかにターゲットが違うと感じますよね。

オウンドメディアも同様に考えていくのです。

「あなたは何者?」がわかるようにテーマを設定していきましょう。そして、顧客となるターゲット層に向けて、記事を書いていくのです。もちろん、お客さまに伝えるという視点が必要ですから、お客さまに知っておいてもらいたいことや、お客さまが知りたいことをリサーチしていくことが必須です。

 

投稿者プロフィール

sobaco
sobaco文章で魅力表現コンサルタント
ITテクニカルライター、IT講師業などの経験と実績を活かし、2013年に電子書籍出版でんでんむし出版を設立。本の企画とコンテンツを作る部分を支援することを得意とし、本の執筆支援コンサルティングを行う。
2018年を迎える今の時代に求められるWeb戦略のターゲット戦略やコンテンツの絞り方などは、本の出版での考え方や見せ方がほとんど共通していることから、ビジネスユーザー向けに、本格的にWordPressを使った魅力発信を支援するために、教室体制を作った。特に、形のないビジネスを展開する人の情報発信におすすめ。文章であなたをデザインしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です