起業家が無料ブログを使うときの弊害とは?

無料は嬉しいこともあるけれども、タダより怖いものがない、というように、実際に無料ブログによる弊害はたくさんあります。読者のことも考えたサイト運営もまた起業家の心配りとして大切です。

広告が邪魔になり読む気を失せさせることも

無料ブログの場合、気楽にすぐに利用できることは魅力かもしれませんが、変なところに広告が入ったりして、サイトのイメージを悪くすることがあります。

無料ブログのアメーバーブログでは、月1000円出せば、広告を表示させないようにすることもできますが、それだけ出すのならば、サーバーを借りてWordPressを運用したほうが有意義です。

また、今はスマホやタブレットで記事を読む人が増えています。無料ブログの広告が、記事を読むのに邪魔になり、うっかり触れてしまって広告サイトへ飛んでしまうということもよくあります。

そんな思いをすると読者が記事を読む気が失せることもあります。

また、表示がスマホやタブレットに対応してないかもしれません。せっかくの記事もスムーズに読んでもらえないのはとてもマイナスです。

商業利用が禁止されているブログでは、一瞬にして蓄積したブログが予告なく削除されることも

無料ブログで代表的なアメブロでは、商業利用が禁止されています。
記事にセミナーの案内や金額を掲載したり、勧誘目的の内容のものは、チェックされて、予告なく記事が削除されることがあります。

また、禁止ワードや禁止タグもあるので、それにひっかかると書いた記事が削除されます。

ひどくなると、IDが削除されたりといったトラブルも実際に起こっています。
このように、みんなが使っているからという理由だけで、規約に違反した使い方を続けると、せっかく頑張って書いて積み上げたブログも規約違反のために一瞬にして葬られてしまう可能性は大いにあります。

実際の被害はなかったとしても、書いた記事に対して管理側から警告を与えたりしたら、それだけで嫌な気分になるものですね。

そんな思いをして無料ブログでブログを書き続ける必要があるのかどうかを考えてみてください。

WordPressであれば、禁止ワードや禁止タグといった制約は一切ありませんし、商用利用が禁止されているということもありません。

小さなトラブルや嫌な気分の積み重ねが、仕事の邪魔になる

小さなことかもしれませんが、無料ブログを利用することによって生まれる弊害も積み重なれば、時間のロスや精神的な疲労につながります。

仕事に集中していくのならば、このような不具合こそ排除して、自分がいつでも自由に快適に使える状態を作ったほうが断然効率はよくなります。

検索エンジンに弱い

アメブロなどの無料ブログは、必然的に検索エンジンに弱くなります。

実は、少し前までは、アメブロで書かれた記事はわりとよく検索トップにもあがったものですが、何年か前にGoogleの検索エンジンの仕様が変更になってからは、検索トップに表示される確率は低くなりました。

現在のGoogleやYahoo!は、独自ドメインを重視するようになっています。検索エンジンがサイトをクロール(巡回)するとき、検索キーワードに対して、それぞれのドメインの中の記事から2~3ページ程度だけを表します。

アメブロの場合は、ドメインは、http://amblo.jp ですから、検索キーに対して、その下の階層にある皆さんのブログから2~3ページしか表示されないということなのです。だから、1つの検索キーに対して、数えきれないほどのブログの中から抜きんでなければ、検索エンジンの上位には表示されないということなのです。

一方、独自ドメインで運営してれば、ドメイン以下のブログ記事は、すべてあなたのコンテンツですから、検索結果に表示される確率は断然高くなるということです。

つまり、同じような内容のブログを独自ドメインで運営しているものと、アメブロで運営しているものでは、どちらが検索キーのターゲットになるかといったら、やはり独自ドメインが強いということです。

ですから、これから起業を考えてブログを書いていくのならば、最初からWordPressを使って作りこんでいったほうが、検索エンジン対策に良いのです。

また、コンテンツを充実させればさせるほど優良サイトと判断されますから検索エンジンにもより拾われるようになります。

無料ブログを利用するといった時点で、検索エンジン対策は出遅れるようなものです。単純にコミュニケーションブログとして利用するには問題ありませんが、ビジネスの集客を考えていくのならば、まず、目的を達成するための機能を備えているツールを使っていくことは、起業精神としても大切です。

投稿者プロフィール

sobaco
sobaco文章で魅力表現コンサルタント
ITテクニカルライター、IT講師業などの経験と実績を活かし、2013年に電子書籍出版でんでんむし出版を設立。本の企画とコンテンツを作る部分を支援することを得意とし、本の執筆支援コンサルティングを行う。
2018年を迎える今の時代に求められるWeb戦略のターゲット戦略やコンテンツの絞り方などは、本の出版での考え方や見せ方がほとんど共通していることから、ビジネスユーザー向けに、本格的にWordPressを使った魅力発信を支援するために、教室体制を作った。特に、形のないビジネスを展開する人の情報発信におすすめ。文章であなたをデザインしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です